home > のぼりの情報 > のぼりを設置するポイントなどの場合

のぼりを設置するポイントなどの場合

 店舗の周囲にのぼりを飾り、周辺への周知や宣伝活動の一環としたい場合、納得できるものを飾る必要があります。
しかし、どんなものが納得できるものなのか、オーダーメイドをしたほうがいいのか、あるいは既製品を組み合わせたほうがいいのか、気になる人は少なくありません。
そのため、積極的に情報を集め、納得できる形で仕上げられるものを選んだほうがいいでしょう。
例としてあげられているのは、店舗周辺全てののぼりを同一の物にすることです。
同一の物にすることで統一感が出ること、伝えたいことが明確になる為、通りすがりの客の目を引きやすく、入りやすいことなどがあげられています。
既製品・オーダーメイドにかかわらず、同一のものを掲げることによって何を販売している会社なのか、どれくらい積極的に経営しているのかがはっきりしますので、参考にしてください。

 また、色や柄は統一感がなくても、文字は統一している場合、あるいは色やガラを統一して文字はそれぞれのおすすめを紹介している場合なども、比較的統一感の出やすい宣伝となります。
統一感を出すことによって、客の関心を引きやすいばかりでなく、客が入りやすいこと、宣伝の目的が明確になる可能性が高いです。
なお、のぼりを掲げるときには同じ高さに統一することで、よりわかりやすくなるでしょう。
既製品の場合であっても、基本部分がわかっている宣伝方法をとることで、来店率や客1人当たりの単価がアップします。
オーダーメイドであれば、よりいっそうレア感が出るため、店に出かけやすいと感じる人や、魅力を感じて長居したくなる人も多くなるでしょう。
どんなのぼりであっても統一感と高さを考えることで、客を呼び込みやすくなります。

 既製品であってもサイズや置く場所を考えて取り付けることで、宣伝効果が高くなります。
小さくて手のひらに乗るようなタイプの場合、商品でおすすめしたいアイテムを強調するために存在するアイテムです。
設置箇所をうまく探すことで、意外な宣伝効果を発揮するでしょう。
また、巨大なのぼりを1つ店の前に置くことで、迫力を増すことができるといわれているため、参考にしてください。
統一感のある同じ大きさのものばかりではなく、大きさを変える事によるメリットを理解することも宣伝効果を高めることにつながります。
巨大なのぼりの場合には設置する場所によって、多大な宣伝効果を引き出すことができるでしょう。
のぼりを設置する目的によって、納得できるまで多くの人に見てもらいやすい場所を探すことが重要です。

次の記事へ